クリスタルコンフリクト解説【cc編】

PvP

ccとはCrowd Controlの略でスタンや沈黙などの妨害系を指します。「リキャが15秒のccを持っている」とか「ccが無い代わりにccを持ってるジョブには出来ないことが出来る」といった感じにPvPのジョブバランスの要素のひとつになっています。

単純に敵を倒すために使って何も出来ないうちにタゲを合わせて削り切るのが最も基本的な使い方ですが他にも色々な使い方があります。まずはそれぞれの効果を覚えていきましょう。

各種cc

ウェポンスキル(以下WS)で付与するものもあればアビで付与するものもあります。同じスタンでもシールドバッシュはアビ単体対象3秒、プライマルレンドはWS範囲2秒といった具合に違いがあります。1秒しか変わらないですがタゲをしっかり合わせられている相手に対して浄化を押すのが1秒遅いと快気を連打出来ても間に合わないくらいなので大きな差です。

アビのccはWS後に即打つように使うorWS直前に入れることによってバーストに混ぜたり相手が反応して浄化を押す前に威力の高いWSのダメージを防御されずに通せたりします。

スタン

移動含めスキルが何も発動できません。cc類で一番強力な代わりに一部例外を除いて効果時間が2秒と短めになっています。黒の氷結も同じ効果です。

沈黙

移動は出来ますがスキルの発動ができなくなります。詩人と赤しか持ってません。

バインド

スキルの発動は出来ますが移動が出来なくなります。動けないだけで効果中に快気&防御を発動できるのでバインドを入れてからバーストに入るというより近接に対して行動を遅延させるか浄化を使うかの選択をさせるために使います。

侍の早天や戦士のプライマルレンドなどの移動スキルを封じることができるので少しだけ沈黙のような使い方が出来ます。竜だけ解除しつつ発動できます。

ヘヴィ

スキルの発動は出来ますが移動が遅くなります。これが入っている状態では逃げるのも追うのも不可能なのでバインドと同様に近接や逃げてる場合のみ遠隔対して使いますが、移動スキルを封じることは出来ないので少しだけバインドよりはメリットが少ないです。mpが少なくなってきた後に退こうとしてる近接に使うと良い嫌がらせになります。

固有系

白はアビ、リーパーと踊り子はLBで持っています。どれも解除不可なので強制的に敵を止めることが出来ます。

白のネイチャーは予め防御をしていれば無効に出来ますが、リーパーと踊り子は防御中でも解除出来るので非常に強力です。使われてしまったらもうそれは仕方ないので相手のリーパーのLBが溜まっていたらcc持ちの遠隔が離れておいてLB後のリーパーにccを入れるしかありません。

使うタイミング

冒頭でも書きましたがccを入れてバーストをして倒すために使うのが多いです。浄化を押して防御をするまでに判定が確定したものはそのままダメージが入るので、しっかりタゲを合わせて半分以上削っていれば防御後に即ccを入れて削り切るのも簡単にできます。

妨害

倒すために使えていればダウンは取れますが、近接は移動スキルで味方の遠隔まで一気に詰めたりスーパースプリントの床を使って別方向から倒しに行くことも出来るのでその近接を止めるためにも使います。

敵は遠隔を1人倒すor削って退かせることを目的に来ているので人数有利を味方に提供できなかった時点で失敗しています。遠隔側はccを入れて時間を稼ぎつつ、前線で戦っている味方と同じ敵に攻撃をして倒すようにしましょう。その間自分を狙っている近接はccが切れたら当然攻撃してきますが、その近接しか自分を攻撃していないなら敵はタゲ合わせが出来ていないことになります。

倒されないようにあしらいつつ、そろそろキツいなとなったらマーカーをつけたりチャットで知らせましょう。遠隔は狙われてる時に近接がカバーに行ける位置で戦い、近接は前線に夢中になっていてはいけないのはこのためでもあります。

カウントダウン

マーカーでカウントダウンをしてタイミングを合わせて敵の近接がなだれ込んでくることもあります。これが出来る敵に狙われている味方は既にccを入れられてダウンする2秒前なので他の味方が敵にccを入れて猶予を作ります。

特に瞬間火力を出せるメレーや赤に対して使いましょう。敵に白がいたらネイチャーを打たれる前にcc入れるとより狙われている味方の生存率が上がりますが難しい状況が多いので無理しなくても大丈夫です。

とにかく味方が浄化&防御をするための1秒を稼ぎます。火力リソースを使って倒せなかった場合は敵からしたらリソースの払い損なので詰めてきた敵を返り討ちに出来なくても十分な成果です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました