logs査定結果#3【侍】

logs査定

3日前に頂いた査定の結果です。青~紫くらいなので修正箇所はそんなにないですがスキル回しの提案がDMだとめんどくさいので記事化ということにしました。

全般

特にどの層が特別ダメということも無く、全体的に似たような修正箇所がありました。CPMが低いのが主な火力ロスなので使えるものをしっかり使っていきましょう。

CPM

SSが高い割にCPM(1分あたりのWSとアビの全ての使用回数)が低いです。例として1層のCPMが42ですがGCD2.14でも44くらいになるのでSSを考慮すると44より高くなければいけません。原因は3つあります。

・心眼と星眼に出来るところで使えていません。バリアによってダメージが0にならなければどんなダメージでも発動するので積極的に使ってください。全体攻撃はもちろんですがチェインライトニングでも心眼を発動させることが出来るので自分がダメージを受けるタイミングを把握してください。

・GCDをもっと回せるはずです。1層の5秒だけ長い別の人の記録では刃風を5回多く使っていました。ギミックのために離れすぎているということは恐らくないと思われますが、いつどれくらい離れる必要があるか等の把握がまだ甘いようです。(雷雲は遠い位置に置かれるとどうしようもないので雷雲の着弾タイミングを体で覚えるしかないです)

・剣気が溢れて震天が減っています。GCDを回した数が少ないのと溢れさせているのが無ければ震天をあと7~8回増やせます。

閃の上書き

3層で2回と4層で3回の閃の上書きがありました。どれも燕返しのための歩幅調整ではなく単純な凡ミスかと思われますが、閃を上書きするくらいならば葉隠をした方がマシです。

でも葉隠は燕返しをリキャごとに回すための調整にしか使わないので重複しないようにするだけで大丈夫です。

コンボの中断

2層と4層でギミック処理のために燕飛を使い過ぎです。燕飛でGCDを回すよりもギリギリ殴れる距離でコンボを打ったあとに離れる時間を最小限に抑えてまたコンボを再開する方が火力に繋がります。

・2層最初のフューリアスストームは中心のAoEさえ踏んでいなければいいので開幕の接敵はレンジにプロトンをしてもらって、スプリントを使ってAoEが確定する直前に離れて戻ればGCDが止まる時間は0~0.1秒ほどになります。ガルフェーズ終盤のKB+弾避けはAoEが消えるタイミングから逆算して月か雪のコンボを最後まで打ったあとに夜天燕飛をします。ちなみに少しシビアですがスプリントを使えばオクルーデッドAoEが消えたあと1GCDだけ殴りに行っても間に合います。

・4層の光の暴走の玉持ちは玉がぶつかる距離感を把握してギリギリ殴れる距離で粘ってください。玉の位置がサーバー基準なので見た目よりも進行方向に少しずれているため慣れが必要です。竜詩は夜天燕飛で8方向AoEを捨てて暁天で戻ってKBで飛ばされたらすぐスプリントでボスまで戻ると8方向AoE着弾前にボスにたどり着けます。

剣気が溢れている

剣気を溢れさせていることがあります。どのタイミングも溢れさせずに使うことが出来たシーンなので事前に震天で使っておきましょう。3層は意気衝天で溢れてしまったようなので雑魚を叩ける時に震天を使っておくべきでした。ちなみに意気衝天が1回足りません。

アビの使用回数

明鏡止水と意気衝天が1回足りないことが多いです。明鏡止水をちょうどいいタイミングで使うために遅れさせた結果回数が減っていては意味がないので月と花にこだわりすぎない方が今のところはいいのかもしれません。GCD2.14になったら基本毎回キレイに彼岸花とセットにできます。

意気衝天はリキャごとを徹底してください。リキャが終わりそうな時に剣気が40以上ある場合は震天をして剣気を使ってください。

あと明鏡止水中に月花雪以外のWSを使っていることがあるので月花雪以外を使わないようにしましょう。

彼岸花の運用

微妙に切れているタイミングがあったりするので毎回切れる瞬間に更新できるようにしてください。月で打っても雪で打ってもいいです。

葉隠の運用

現在の装備だと恐らく士風が乗ってGCD2.10なはずなので2.14と同じような使い方は出来ないです。木人で試したところ2パターンありました。殴れない時間を挟むコンテンツだとどのパターンでも調整が必要になりますがおすすめはパターン1です。

パターン1:毎分葉隠

GCD2.14だと月花雪コンボ+雪月花でちょうど20秒くらいになるので2回目の燕返しまでは葉隠は無しで、それ以降毎分雪で葉隠をすることになります。毎分結構きっちりリキャごとになります。

2.14より短いと20秒の周期が崩れてしまいます。これが2.14が最適と言われている所以です。2.14より短い場合は毎分葉隠をすることで1~1.5秒ほどのズレに抑えることができます。

開幕~2回目燕返しまで→雪葉隠

2回目以降→月or花葉隠

これでokです。葉隠をするタイミングは燕返しのリキャが25秒未満になってからです。

パターン2:彼岸花基準で葉隠

パターン1と比べると開幕~2回目の燕返しの間に葉隠をしなくていいというメリットがありますが、2回目の明鏡止水は雪を含むというデメリットがあります。あと2.14になったら絶対使わないです。考え方も違うので木人で試して簡単だと思う方を選んでください。

・開幕回しを燕返しより彼岸花が先に来るタイプに変更します。

・2回目の彼岸花は月or花で打ちます。ここは効果時間を3秒残したままの上書きとなります。

・彼岸花後は月と花をつけて明鏡止水で雪を入れて燕返しをします

2回目の燕返しが終わったら他の回しと同様にループに入ります。

・その後は普通に回しながら彼岸花の更新が近づいてきたら月or花で葉隠をして、その後また月or花をつけて彼岸花をします

・彼岸花をしたら雪+月or花をして明鏡止水で月or花をして燕返しをします

3層雑魚のdotの撒き方

3層の雑魚で1体にしかdotが入っていませんでした。3体それぞれ1回ずつ入れるのが理想なので慣れましょう。どうしてもここはGCDの違いで査定しずらい部分なので2.14になるまではとりあえず入れるだけ入れて理想は2.14になってから求めるとかでもいいと思います。

「明鏡止水とスプリントを使って担当雑魚で月をつけたら回天を入れながら走る」→「勝手に動く雑魚(最後に倒すやつ)に彼岸花→月を入れて回天を入れながら走る」→「自分の担当じゃない方の雑魚に彼岸花→月を入れて暁天で担当雑魚へ」→「おそらくどちらかのバフが切れそうになっているので更新してから担当雑魚で彼岸花」という流れになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました